ミリキタニの猫《特別篇》 -猫とアートと戦争と…そして尊厳(プライド)

 《特別篇》とは2本立て

世界の映画祭で話題になった「ミリキタニの猫」(2006年)に加えて新作の短編「ミリキタニの記憶」(2016年)が同時上映の2本立て《特別篇》

  • 『ミリキタニの猫』(リンダ・ハッテンドーフ監督/2006年・74分)
  • 新作『ミリキタニの記憶[短編] 』(Masa監督/2016年・21分)

  • 映画「ミリキタニの猫」は、
    めったにない出会いにはじまり、
    めったにない出来事をきっかけに、
    めったにない共同生活を経て、
    これもめったにあるとはいえない
    ひとまずの幸福なシーンで終るドキュメンタリイだが、
    見終わるとその「めったにないこと」が
    実は過去でも現代でもどこにでも起こりえる出会いであり
    悲劇であり希望でもあることを見事に語っていて、
    その柔らかくて力強いスケールの大きさに深い敬意を抱いた。

    山田太一

  • お知らせ
    お知らせ一覧へ